渋谷カフェ「茶亭羽當(チャテイハトウ)」レポート


渋谷カフェ「茶亭羽當(チャテイハトウ)」レポート
「茶亭羽當(チャテイハトウ)」は、JR山手線の渋谷駅から5分ほどのところにあるカフェです。ハチ公改札からもヒカリエからも近いので、かなりアクセスのいいところにあります。

それゆえ買い物帰りに立ち寄る方も多くて、大きなショッピングバッグを持っている人が結構いました。ちなみに私は今回ヒカリエから行きましたが、およそ5分で着きます。

ヒカリエを右手に直進し、りそな銀行も右手に直進します。そして野村證券渋谷支店の角を曲がると茶亭羽當の入り口が見えます。

渋谷の繁華街に近いとは思えないほど急にひっそりと薄暗い路地になりますが、角を曲がるとすぐにお店の看板が目に入るので分かります。

渋谷という若者と最先端の情報発信地区に似合わない古風な佇まいです。写真から分かる通り入り口から植物をあしらっていたりするので、古風ながらもかなりおしゃれなお店です。

私が来た時にはお店の入り口からすでに人が集まっていて並んで待っていたので、この茶亭羽當(チャテイハトウ)の人気具合がよく分かりました。

スポンサードリンク


茶亭羽當(チャテイハトウ)の店内

お店の中に入るとおしゃれな古民家のような内装で、まるで山奥の隠れ家にきたような不思議な気持ちにさせてくれます。

茶亭羽當から10分ほどの距離に渋谷の109があるとは思えないような雰囲気です。
店内は木を貴重としていて、暖かいアットホームのような雰囲気です。入り口は確かにおしゃれだし、常連じゃないと入れないような雰囲気もしますがひとたび入り口を入ってしまえば、田舎の親戚の家に来たかのような落ち着く雰囲気です。

茶亭羽當(チャテイハトウ)の店内
※この写真は店内に入ってすぐの待合室のような空間のものです。

店内には絵が飾ってあったり、木や草花がおしゃれに生けてあったりと、細かいところにも気が配られていてこのお店のムード作りが伺えます。古めかしい時計や、大きな木があったりして飽きずに店内を眺めていられそうです。

私の前にはすでに4人ほどのお客さんが席が空くのを待っていました。客層を見てみるとほんとに幅広いので驚きました。流行りものが好きそうな20代から、何年も前からの常連さんと見られる70代くらいの方まで、みなさん思い思いにこのカフェでの時間を楽しんでらっしゃいました。

2~4人のグループで来ている人がいるものの、カウンター席は1人客が多いようです。ちなみに口コミサイトの情報によると、カウンター席は常連さんが多いとか。そして女性男性問わず、1人での来店が結構あります。私は17時前に店内に入ったのですが、土曜ということも関係しているのかぎゅうぎゅうの満席だし、次から次へとお客さんが来店してきます。

ですが意外にも大体10分ほどで席に案内されました。狭い店内で席まで歩く時に荷物がお客さんに当たってしまうぐらいです。私は今回、カウンター席に案内してもらいました。

木のカウンターで非常に落ち着きます。カウンター越しに店員さん4人がせわしなくコーヒーを注いでくれています。店員さんは30代~50代くらいの男女です。店内にはジャズがかかっていましたが、それを打ち消すぐらいお客さん同士の話し声で賑やかです。そんな騒がしい店内ですが、カウンター席の方は本を読んだりパソコンに向き合ったりと静かに自分の世界に集中している方もいました。

わたし的には平日の昼前くらいのあまり人が混んでいない静かな時間にきたくなるようなお店だと思います。
茶亭羽當カウンター

茶亭羽當の店内にはところ狭しとコーヒーカップが置かれていて、どれもすごく可愛いです。全て違う種類なので当然1人1人に出されるコーヒーカップも違うし、ケーキのお皿も違いました。

カウンター席の他にテーブル席があり、2~4人ほどで来ているグループの方はそちらでくつろいでいます。けっして静かな店内ではないものの、どこか落ち着く雰囲気があり、自分の世界に没頭できるカフェだと思います。

ゆっくりしていく人が多いのですが、意外にも回転が良いので多少混んでいても1人で来店すると案外早く席に案内してもらえます。狭い店内とは言え、カウンター席は隣のお客さんとの距離が程よくとられているので、窮屈に感じることもなくゆっくりとコーヒーや読書の時間に専念できそうです。

「茶亭羽當」のお店オリジナルのお皿
店内はすべて喫煙可能でとくに分煙はされていません。店内には挽きたてのコーヒーの香りだけで、タバコの臭いは一切しませんでした。タバコが吸えないのかと思い店員さんに聞くと店員さんが気を利かせて灰皿を持ってきてくださいました。が、ただの灰皿ではなく、「茶亭羽當」のお店オリジナルのお皿(上の写真のようにお店の入り口が描かれていました)を灰皿代わりとして持ってきてくださいました。わざわざ灰皿のために特製のお皿を作っているあたりが、粋な演出です。

茶亭羽當(チャテイハトウ)ドリンクメニュー

茶亭羽當(チャテイハトウ)ドリンクメニュー
コーヒーや紅茶などに使われている水は全てアルカリイオン水だそうです。コーヒーは男性店員のみが入れています。注文を受けてから、豆を挽いて一杯一杯丁寧に入れています。

なので注文したらすぐに出てくるものではないですが、その分淹れたての美味しさが味わえるのでコーヒーにうるさい人にはもってこいのお店だと思います。

カウンター席だと作っている様子が数十センチの距離で見られるので、待ち時間が暇に感じずにすみます。the純喫茶といった雰囲気を存分に味わいたいのであれば、もちろんカウンター席がおすすめです。店員さん同士が仲良さそうに談笑しながらコーヒーを淹れているのもまた魅力です。


羽當オリジナルブレンド

羽當オリジナルブレンド
今回は羽當オリジナルブレンド(850円)を注文しました。

コーヒーは少し酸味があるものの、口の中に残るのはほのかな苦味です。こだわりの水(アルカリイオン水)を使っているからなのか、苦味は刺す感じではなく丸く、非常に口当たりがいいのが特徴だと思います。

全体的にクリアな印象です。色はそこまで濃くなく、味も薄くも濃くもない、ほどよい具合です。口コミサイトには「酸味のきついコーヒー」などと書いてありましたが、個人的にはそこまでの酸味を感じませんでした。苦味よりも少し酸味が優っている程度です。なので、酸味が苦手な人も気にせず飲めると思います。

007hatou
砂糖はざらめのように、角粒です。よく見る小さい粒状の砂糖(スティックシュガーのグラニュー糖など)とは違うので、溶けにくいのが難点です。

ただ、砂糖をわざわざ角粒にしているあたりにこだわりが感じられていいです。ミルクを入れてからだと冷めてしまって砂糖が溶けにくいので、熱々のうちにコーヒーに加えた方が良さそうです。

ミルクは温められてはいなかったですが生クリームを使っている感じです。ミルクをたっぷりと用意してくださっているので、好みによってそのままたっぷりと注いでカフェオレ風にするのもいいと思います。ただミルクを入れると苦味が抑えられ、少々酸味がたちます。
コーヒーは冷めても、味が劣化せず最後まで程よい酸味と苦味が味わえて良かったです。冷めても美味しいので、ゆっくりと本を読みながらコーヒーをいただく方におすすめできるコーヒーです。

ちなみに羽當オリジナルブレンドのコーヒー豆はブラジルとガテマラのコーヒー豆を使用しているそうです。

夕方すぎという時間的にも、軽食はガッツリとオープンサンドなどを食べている人が多かったのですが、隣の女性が食べているシフォンケーキが美味しそうだったので今回はシフォンケーキにしてみました。ちなみに軽食のメニューは以下のように結構たくさんあります。

あまりに美味しそうだったので今度お昼に来た時はサンドイッチ系を頼んでみたいです。
008hatou
必ずドリンクとのセットで注文してくださいとのことでした。


シフォンケーキ「メープル」

シフォンケーキ
私は今回店員さんのおすすめのシフォンケーキで「メープル」にしました。シフォンケーキだけでも7種類あるので、来る度に違う味を楽しめそうです。

シフォンケーキは薄めのキャメルカラーで、見た目からもメープルを感じさせてくれます。生地は見事なまでにふんわりしていて、たっぷりのクリームが乗せられているにも関わらず、潰れることなくふんわりとしています。

ほのかにメープルの風味がする、素朴なシフォンケーキです。フォークを入れるともっちりと生地が押し返してきます。乗せられているクリームは甘さ控えめで、7分立てくらいのトロッとした舌触りです。

そのかわりシフォンケーキ自体は上品な甘さに仕上げられているので、バランスが最高にいいです。シンプルなシフォンケーキゆえに、本当に「味勝負!」と言った心意気を感じることができます。およそ15センチの大きさで500円というお値段の割に大きいのでお得感があります。そしてホイップクリームがたくさんのっているので、コーヒーに加えて自前でウィンナーコーヒーにしてもいいかもしれません。

シフォンケーキはカウンターのすぐそばで生地を作っています。何十分も泡立て器で生地に空気を含ませているのが見えました。カウンター席に座るとこうしたパティスリー並のこだわりが垣間見れてとても良かったです。


お会計

今回は羽當オリジナルブレンドとシフォンケーキの注文で総額1,350円でした。(ちなみに支払いは現金のみでカードは使えません。またレシートもないです。)

茶亭羽當はおしゃれで一見入りにくそうなカフェだけれども、1人でも気軽にふらっと立ち寄れるカフェです。お店で手作りしているシフォンケーキにも癒やされます。

そして、一杯一杯、豆を挽いて淹れてくれる、そんな本格的なコーヒーが飲みたい人におすすめなカフェです。


茶亭羽當の基本情報

・店名:茶亭羽當(チャテイハトウ)
・住所:渋谷区渋谷1-15-19
・電話:03-3400-9088
・最寄りの駅:JR山手線 渋谷駅から歩いて5分ほど
・営業時間 11:00~23:00(通年)
・収容人数 50名
・全席喫煙可能
スポンサードリンク

このページの先頭へ